ザイザルが医者に一番人気な訳

アレルギーによる症状は鼻炎や皮膚炎に留まらず、気管支炎、結膜炎といった様々な部位で起こり、これらの疾患を抑えるために利用されているのが、主たる原因物質とされるヒスタミンを抑制する抗ヒスタミン剤です。この薬には、成分の脂容性の高さから中枢神経に作用して眠気を起こす副作用や薬価の問題で、疑問視されることも多く、処方を見送る医師も少なからずいたようです。第一世代の抗ヒスタミン剤から改善を求められ、第二世代に入っても効果を重視して眠気を誘発する薬が多い中でも、副作用を大きく軽減することを主眼に置いて開発されたのがザイザルです。ザイザルは強力な抗ヒスタミン作用を起こすセチリジン塩酸塩から、眠気を取り除いたもので、成分名をレボセチリジン塩酸塩として開発されています。本来ならば効き目が強い薬ほど、副作用も強くなる傾向にある薬ですが、ザイザルは副作用だけを取り除いた薬となるので、眠気がなく十分な効果を発揮する抗アレルギー薬とされます。医者が薬を処方する際に考えることは、薬効の強さも重要ですが、患者の負担が少ないものを選びます。ザイザルはアレルギーに対しての効果は強いままで、副作用は少なくなっているのですから、医者が最も選びやすい薬であることは間違いないでしょう。重症の患者や薬剤アレルギーで利用できない場合などは、当然ながら別の選択をしますが、花粉症などで日常的に服用する必要があるのであれば、眠気が少ない薬を選びます。また、ザイザルでは持続時間の長さから、1日1回の服用で良いというメリットもあるため、飲み忘れがないことも重要なポイントとなっています。花粉症やアレルギー性の様々な症状に適応するだけでなく、かゆみの軽減といった幅広い効果からも、医者がザイザルを選ぶ理由となっています。

ザイザルは第二世代抗ヒスタミン薬

アレルギーや蕁麻疹などで病院でよく処方される薬にザイザルがあります。第二世代抗ヒスタミン薬であるザイザルは、副作用が起きにくく、効果が長時間続くので1日1回の服用で良いという利便性から、処方される機会が多い抗ヒスタミン薬です。抗ヒスタミン薬には第一世代抗ヒスタミン薬と呼ばれるものがあり、現在はどちらもが処方されているのですが、第一世代と第二世代の違いはどこにあるのでしょうか。第一世代抗ヒスタミン薬は水に溶けづらいため、服用した際に脳へ薬の成分が届きやすいという性質があります。その結果、脳の視床下部や中枢神経にも影響を及ぼすため、作業に集中できない、眠気が起きやすいという副作用がありました。第一世代抗ヒスタミン薬の集中力の低下や眠気を抑えた薬として開発されたのが、第二世代抗ヒスタミン薬です。集中力や眠気に影響を及ぼしにくいため、仕事中や車の運転をする人に選択されるのは第二世代抗ヒスタミン薬です。しかし、薬を飲むことによる効果は、第一世代抗ヒスタミン薬の方が強く、第二世代抗ヒスタミン薬は効果が弱いと言われています。同じ第二世代抗ヒスタミン薬でも、副作用として眠気が出るものの方が痒みや鼻詰まりなどの症状を抑える効果は高いのです。その弱点を克服したのがザイザルです。ザイザルは第一世代抗ヒスタミン薬の効果を保ちながら、眠くなる成分だけを排除した薬のため、パイロットや運転手などが一番に選択する抗ヒスタミン薬となっています。ただし、眠気に関しては個人差が大きく、全般的に眠気などの副作用の報告は低下しているとはいえ、第二世代抗ヒスタミン薬の方が眠気が少ないという人もいれば、逆に眠くなるという人もいます。

ザイザルはスーパージルテックと呼ばれている

ザイザルは今や日本で最も使用されている抗ヒスタミン剤の1つと言っても過言ではありません。2010年には錠剤が、2014年には子供用のシロップ剤が発売され、子供から老人まで幅広い年齢層に支持されている医薬品です。子供用のシロップ剤は大変おいしい味になっていて、大人用の錠剤は1日1回の服用で済むことから、患者さんのコンプライアンスの向上が期待できる薬剤です。ところでザイザルは一部でスーパージルテックと呼ばれています。これはどういう由来からなのかここでは解説していきます。そもそもジルテックとはザイザルが発売されるずっと以前から販売されている抗アレルギー薬です。ジルテックの有効成分はセチリジンというものです。ただこのセチリジンはラセミ体で、鏡像異性体の関係にあるR体とS体を半量ずつ含んでいました。ただ後の研究において強い抗アレルギー作用を示すのはR体だということが分かってきて、このR体のみの状態にすればより強い薬効が得られるのではないかと考えられました。こうしてセチリジンをR体だけの状態にしたレボセチリジンを有効成分としたザイザルという医薬品が開発されたのです。よってザイザルはジルテックの効果をより効率的に強力に実現するために開発された薬剤なのです。ちなみに臨床試験の結果から、ザイザルはジルテックの半分の量でジルテックと同等の薬効を持つことが証明されています。ただジルテックと同様に副作用は眠気、集中力の低下、口渇などが発現する可能性があります。これらの副作用には注意する必要があります。ただザイザルの服用のタイミングは寝る前と定められているため、眠気の副作用はほぼ日常生活に影響はしないでしょう。